健康科学部

医療科学部作業療法学科

定員30名

作業療法学科

「人生をRe・デザインする」高い専門性と自立性を有し、
チーム医療を担う作業療法士を育成します。

高い倫理観と教養を身に付けた力強い職能人の作業療法士として、常に専門的な知識と技術を高める自己研鑽を惜しまず「心身機能・身体構造、活動と参加」の障害や背景因子を含む生活障害を有している対象者に対し、作業療法を用いて障害予防と障害の改善を含む健康増進を目指した支援を実践し、対象者のwell-beingを図る視点で生活の質の向上に社会貢献できる人材の育成を目的としています。

作業療法学科の特徴

  • POINT01

    主体的な学びと成長をサポート
    多様な価値観や生き方の広がりを見せる現代社会において、自分自身が輝き続けられるように主体性をもって自己研鑽し、成長を続けることは非常に重要になっています。一年次から学生個別の課題を教員と共有し、主体的な学びと自己の成長につながる手厚いサポート体制を整えています。
  • POINT02

    臨床で生かせる問題解決能力を高める多彩な演習科目
    知識だけでは患者さんの希望に叶う治療はできません。修得した知識を使って目の前にある問題にどのように対処するのかが大切になります。実習や将来の臨床現場で出会う患者さんに向き合うときに欠かせない、この問題解決能力を高めるための多彩な演習科目を用意しています。
  • POINT03

    「知っている」から「使える実践力」に高める実習体制
    講義で学んだ知識を実践で使え、社会に出てからも使える技術を修得するため、さまざまな分野の臨床実習の機会を用意しています。実習は、教員と実習指導者が良好な連携体制をとり、全面的にサポートします。安心して充実した実習を経験できます。

3つのポリシー

取得できる資格/免許

  • 作業療法士国家試験受験資格

    身体、精神、発達、高齢期の障害がある人やそれが予測される人に対し、機能の回復や低下を予防するための手段としての作業の提供、対象者ができるようになりたいことなどの個別的な目的や価値に応じた作業遂行の支援及び環境への働きかけを行う専門職のための国家資格です。

主な進路

病院(大学病院・一般病院)、診療所、リハビリテーションセンター、介護保健関連施設(介護老人保健施設・介護老人福祉施設等)、療育センター、公的機関(官公庁・保健所等)、教育研究機関・海外青年協力隊など

卒業後のキャリアアップ

認定作業療法士、専門作業療法士、呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士、認知症ケア専門士、介護支援専門員(ケアマネージャー)、呼吸認定療法士、 心臓リハビリテーション指導士、栄養サポートチーム専門療法士、健康運動指導士、児童発達支援管理責任者、福祉住環境コーディネーター、大学院進学など

カリキュラム

カリキュラム

カリキュラムを見る

授業Pick up

  • 日常生活活動学演習

    日常生活活動学演習

    日常生活活動の自立支援と福祉用具の活用と応用の仕方を学びます。

    日常生活活動の維持・向上の支援に必要な体の使い方や介助の指導方法、福祉用具の活用方法や生活環境の調整について具体的事例を通して身につけます。

  • 老年期作業療法学

    老年期作業療法学

    高齢者の生きづらさを理解し、高齢になっても素敵にしあわせに生きられる支援を学びます

    人生の集大成の時期である老年期を輝かせるために、高齢や認知症になっても最期まで笑顔で、社会の中で暮らし続けることができるように作業療法士は介入します。この科目では、視覚教材や体験を通じて、老年期特有の病気や障害を理解し、個別性の高い老年期での作業療法の知識と技術を身につけます。

  • 精神障害作業療法学演習

    精神障害作業療法学演習

    こころとからだの状態を理解し、こころの病気を抱える人が再び「私らしく」生活するための支援を学びます

    自己の特性を発見し、今までの経験や自分の強みを治療に生かすことができるのが精神障害の作業療法です。心理検査などを使って患者さんのこころを理解し、病気によって失われたその人らしい生活や作業を再建する知識や技術を、演習で身につけます。

  • 高次脳機能障害作業療法学演習

    高次脳機能障害作業療法学演習

    外観から分からない高次脳機能障害の作業療法支援を学びます。

    脳機能の低下によって生じる記憶、注意、思考力低下などの評価方法について、検査を用いて実践的に学び、作業療法による自立支援の方法を具体的に検討し、応用力を身につけます。

  • 予防的作業療法学

    予防的作業療法学

    作業療法の強みである作業活動による介護予防・認知症予防を学びます。

    地域で暮らす高齢者の作業活動と心理社会面や健康との関連を学び、健康寿命延伸につながる介護予防・認知症予防について作業療法独特の作業活動に着目した支援を身につけます。

教員紹介

  • 竹田 徳則教授

    高齢者健康支援学

  • 西本 裕教授

    整形外科・パラスポーツ

  • 中西 康祐准教授

    認知症高齢者の生活支援

  • 山鹿 隆義准教授

    身体障害領域の作業療法

  • 山下 英美講師

    地域作業療法学

  • 池谷 政直助教

    精神障害領域の作業療法

  • 伊藤 真美助手

    地域リハビリテーション

  • 長谷川 文助手

    リハビリテーション科学