保育学科第一部

短期大学部保育学科 第一部

定員100名

保育学科第一部

福祉マインドを持った人間性豊かな保育者を育て、子どもを総合的に理解する力を実践的に修得します。

「保育・教育・福祉」の分野について深く専門知識を学び、「命の大切さ、それを守るための優しさ」を体得し、家族の核化や多様化、地域コミュニティの希薄化が育児に与える影響など、さまざまな子育て支援の要望に対応できる福祉マインドを持った人間性豊かな保育士および幼稚園教諭の育成を目的としています。

短期大学部保育学科第一部の特徴

  • POINT01

    体験的に保育が学べる実習施設と
    独自のカリキュラムが充実しています。
    音楽や造形(美術)、体育などの施設・設備、実際の保育所を模した保育室などの実習関連施設が充実し、学外での保育・教育実習に向けての準備および保育士・幼稚園教諭に必要な知識・技能の修得に取り組めます。
  • POINT02

    実習での学びが意義ある経験となるよう
    丁寧に指導します。
    保育・教育実習の前には実習の目的・内容・方法について理解を深め、実習後は学習成果の確認、各自の反省点や疑問点、現場での気づきなどを話し合い、今後の学習課題を明確にし、将来の進路につなげていきます。
  • POINT03

    入学直後から将来の人生設計に向けた
    サポートがはじまります。
    入学直後から開始する進路等に関するクラス指導・少人数グループ指導、キャリアガイダンスなど、早くから就職への意識を高め、将来の目標を定める環境が整っています。オープンカレッジでの試験対策講座も活用できます。

3つのポリシー

取得できる資格/免許

  • 保育士資格

    保育士としての就職に必要な資格。保育所、認定こども園以外にも、子どもの福祉や教育に関する高い専門性が求められる児童福祉施設・児童養護施設・知的障がい者施設などの就職にも有効です。

  • 幼稚園教諭二種免許状

    カリキュラムに含まれる「教育職員免許法及び同法施行規則」に定められた科目を履修し所定の単位数を修得して、卒業すると免許が取得できます。採用試験を経て、公立・私立幼稚園教諭として就職できます。

就職実績

過去3年間/2020~2022年卒業生
〈公立保育所保育士・公立幼稚園教諭〉
【愛知県】阿久比町 一宮市 稲沢市 犬山市 大府市 春日井市 刈谷市 武豊町 豊田市 西尾市 東浦町 抹桑町 弥富市 【岐阜県】大垣市 東白川村 【三重県】亀山 市 桑名市 菰野町 東員町 【福岡県】福岡市
〈私立保育所保育士〉〈私立幼稚園教諭〉〈その他一般企業〉  ほか多数

カリキュラム

カリキュラム

カリキュラムを見る

授業Pick up

  • 健康栄養学基礎実験

    子どもの心理学

    子どもの成長や心理的発達のメカニズムを理解します。

    人が成長・発達し、変化を遂げていくメカニズムや、そのために必要な条件などを学び、子どもの心理的発達についての基礎的な知識を習得し、子どもを見守る豊かな目を養います。

  • 生化学基礎実験

    子どもの健康と安全

    保育の現場に不可欠な実践力を身につけます。

    子どもの健康管理と疾病時の対応、授乳やおむつ交換など日常生活における保健活動が保育の現場で実践できるように演習を通して身につけていきます。

  • 保育実習指導

    保育実習指導

    実習指導では、保育者としての第一歩を踏み出せるよう、丁寧にサポートします。

    実習に向けた「実習指導」では、事前に保育者としての心構えをはじめ専門知識や保育の実践力を磨き、実習後は振り返りをとおして自らの課題と向き合い、めざす保育者になれるようサポートします。

  • 生化学基礎実験

    保育内容の理解と方法(造形)

    造形表現活動に必要な感性や創造力・実践力を養います。

    さまざまな素材や道具に触れながら、造形表現について考えます。保育実践に必要な知識や技術・技法を身につけ、模擬保育など行いながら、子どもの表現活動を支えるための感性や創造力を育みます。

  • 生化学基礎実験

    保育内容の理解と方法(音楽)

    歌う楽しさを伝える弾き歌いのスキルを磨きます。

    子どもの歌に関する知識と技術の習得を行うとともに、子どもの前で歌うことを想定して、音楽の楽しさが伝えられるような指導法を学びます。弾き歌いやピアノ技術の習得は個人指導で行われ、初心者でも心配なくスキル向上できます。

  • 生化学基礎実験

    保育内容の理解と方法(身体)

    乳幼児期だからこそ楽しめる身体表現の指導について学びます。

    動物になったり、リズムに乗って踊ったり、乳幼児期はその子らしさを身体の動きで豊かに発揮します。保育者がその豊かさを子ども一人一人の良さとして引き出していく内容・方法を具体的に学び、身につけます。

特記事項

01

瑞穂区子育てサロン「さくらひろば」での手遊びと読み聞かせ

保育学科では、授業の学びを生かした地域貢献活動により、実践的な力を養うことをめざしています。「さくらひろば」は大学から程近い瑞穂区役所で開催されており、1月には第三部3年生25名が参加して手遊びや大型絵本の読み聞かせを行いました。発表では、オノマトペを楽器や身体で表現することで、お話の世界を楽しむ工夫をしました。感染防止対策のためビニール越しの発表でしたが、小さな子どもたちとお母さんは、学生と一緒に「ぽん」と手をたたいたり、「ぴょーん」とジャンプしたりして元気に楽しんで下さいました。学生は子どもたちの反応から学びを深め、充実感や自信を得ることができました。

瑞穂区子育てサロン「さくらひろば」での手遊びと読み聞かせ

02

多文化共生プログラム講演会「グルーバルな視点から見た日本の保育と教育」

みなさんは、海外の子どもたちがどのような生活を送っているか、考えたことがありますか? 保育学科では、外国人講師3名を招いて、海外の教育と日本の教育の違いや、その背景にある文化の違いについてお話を聞いた後、質疑応答を通して講師との交流を楽しみました。スリランカ出身のコスタさんは、子どものしつけや教育制度の違い、バングラディシュ出身のジョシムさんは、食事・服装・宗教など生活習慣の多様性について、エクアドル出身のリリアナさんは、日本での子育ての実体験を話してくださいました。最後に、保育士や幼稚園教諭をめざす学生への熱意のこもった励ましのメッセージもいただきました。

多文化共生プログラム講演会「グルーバルな視点から見た日本の保育と教育」

03

保育者養成発展講座の授業「卒業生との懇談会」

公立の保育園、私立の保育園、幼稚園に勤めて1年半が経つ4人の先輩に、就職活動や、勤めてからのことを、1年生(第一部)、2年生(第三部)に語ってもらいました。ハキハキと挨拶をすることの大切さや、担任の責任感、保護者との対応等、学生が日頃不安に思っていることへの経験談を聞く事ができました。おかげで学生の将来への不安は和らぎ、夢は膨らみました。「遊びの引き出しを持っているといいよ」という言葉には、多くの学生が刺激を受けました。その引き出しの一つの手遊びや、実際に使用しているペープサートの実演には、子どもへの愛情が感じられ、卒業生の成長に驚かされました。

保育者養成発展講座の授業「卒業生との懇談会」

04

地域貢献・ボランティア活動「スポーティブ・ライフin瑞穂」

学科目標「福祉マインド」の理解や人間性豊かな保育者を養成する機会として、ボランティア活動を奨励するとともに、保育者になる学びと地域社会との連携を図った体験活動にも力を入れています。そのひとつが、学生が主体となって運営に取り組む、名古屋市主催のスポーツイベントのブース出展です。授業や実習で学んだ子どもとの関わり方や知識を活用できる企画で学生間で内容を検討、相談しながら決定しました。テーマは「身近にあるものを生かして遊べる場」。紙皿を用いて子どもたちと作品を一緒に作ったり、的当てや輪投げでからだを動かしたり、紙芝居などを読み聞かせたりする場を提供しました。

地域貢献・ボランティア活動「スポーティブ・ライフin瑞穂」

教員紹介

  • 江口 朗子教授

    英語教育学 第二言語習得

  • 川上 輝昭教授

    児童福祉

  • 鈴木 美枝子教授

    障がい児教育

  • 椿 ますみ教授

    英語教育

  • 遠山 佳治教授

    歴史学 民俗学

  • 大嶽 さと子准教授

    社会心理学 教育心理学 発達心理学

  • 河合 玲子准教授

    音楽(声楽)

  • 神崎 奈奈准教授

    教育心理学 認知科学

  • 平澤 節子准教授

    音楽(ピアノ・音楽教育)

  • 松田 ほなみ准教授

    美術

  • 入口 愛講師

    保育内容(言葉)

  • 白石 朝子講師

    音楽(ピアノ)

  • 田中 弘美講師

    保育内容(環境・人間関係)

  • 藤巻 裕昌講師

    スポーツ・体育学

  • 山本 麻美講師

    造形教育 造形表現

  • 島澤 ゆい助教

    障がい児保育 発達支援 発達心理学

  • 前田 舞子助教

    教育哲学

  • 山田 勝洋助教

    美術教育

学生の声

  • 佐藤 緋美

    子どもたちが憧れる保育者になるため、
    保育の知識と理解を深めています。

    短期大学部 保育学科 第一部 2年

    愛知県立豊橋西高等学校出身

    佐藤 緋美さん

    私自身、小さい頃に出会った明るくておもしろい先生に憧れ、保育者をめざすようになりました。きれいなキャンパスで、大好きなピアノをはじめさまざまな設備が充実しているのが本学の魅力です。保育学科には保育経験のある先生が多く、授業中の褒め方ひとつにも学生の意欲アップにつながる工夫がされています。指導案を作成する「保育実習指導」では、子どもの行動を想像しながら考えるのが大変でしたが、クラスメイトの指導案や先生のアドバイスを参考に無事書き上げることができました。「子どもの健康と安全」では、アナフィラキシー症状を緩和する「エピペン」の実物を用いたことで「保育者は子どもの生死にも関わる仕事なんだ」と身が引き締まる経験をしました。日々、夢に近づく学びの時間を過ごしています。