生活学科ビジネスコース

短期大学部生活学科

児童教育学科児童教育学専攻

情報・ビジネス・被服・食物の4領域を広く学び、よき家庭人、地域コミュニティを支える即戦力を育成。2年だからこそ、本当に必要なことを厳選。

生活学を理論と実践の両面から探究し、人間生活の知識を習得すると共に、新しい時代に相応しい社会生活の知識と技術を身につけ、創造性豊かで魅力ある人間として、社会で活躍できる人材の育成を教育目的としています。その教育目的を達成するため、生活学の視点を基礎に、情報・ビジネス・被服・食物の各分野およびそれらの総合的・学際的な視点と専門的知識・技術を身につけ、かつ創造性豊かに、何事にも真面目に積極的に取り組める人材育成を行っています。

生活学科の特徴

  • POINT01

    効率よく効果的に学ぶ主体的学修を
    促すカリキュラムで自分に必要な
    学びをデザインし、将来に向けて
    学び続ける力を育成します。
    生活者の視点を持ち、様々な領域を複合的に学ぶことができるようカリキュラムを編成。少人数で授業を行い、自分に必要な学びや資格取得の学習計画や就職活動を手厚くサポート。卒業後も学び続けるための力を養います。
  • POINT02

    「生活学」を基礎とした
    4領域を多視点で捉え、
    変化し続ける生活と仕事に対して
    広い視野を持てる力を養います。
    急速に変化していく社会に対し、生活・仕事両面で対応できる力を身につけるため、生活学と情報・ビジネス・被服・食物の4領域について幅広く学び、広い視野を持って取り組める能力を育成します。
  • POINT03

    国家試験であるITパスポート
    試験をはじめ、PC実技、秘書、
    簿記などの資格取得を支援し、
    即戦力となる人材を育成します。
    本学科の卒業生のほどんどが卒業後事務職・販売職に就いて活躍しています。新カリキュラムでは、社会人として即戦力となるオフィス系ソフトの知識を身につけ、多数の資格取得も支援します。

3つのポリシー

取得できる資格

  • 上級情報処理士・情報処理士
  • 秘書士
  • 上級ビジネス実務士・ビジネス実務士
  • フォーマルスペシャリスト検定準2級
    (ブロンズライセンス)(認定試験有)
  • ドレメ式洋裁教員認定
  • フードコーディネーター3級
取得を目指す主要資格(要受験)
  • 経済産業省ITパスポート試験
  • 日商簿記検定(3級以上)
  • 秘書技能検定(2級以上)
  • サービス接遇検定(準1級以上)
  • 医療事務技能審査試験
    メディカルクラーク

カリキュラム・時間割

カリキュラム

カリキュラムを見る

時間割例

モデル例(1年前期)

1年前期は、教養科目と学科の基礎科目を学びます。必修科目が多いため、クラスメイトと一緒に学ぶことができます。1年後期からは、生活学の学びの中で深めたい領域の科目を組み合わせて学びを深めます。

時間割例

モデル例 情報・ビジネス(2年前期)

将来事務職に就きたい人は、情報領域科目とビジネス領域の科目を中心に学びます。

時間割例

モデル例 被服(2年前期)

アパレル業界に興味のある人は、被服領域科目を主として、情報、ビジネス領域の科目を組み合わせて学びます。

時間割例

モデル例 食物(2年前期)

食品・サービス業界をめざす人は食物領域科目を主として情報、ビジネス領域の科目を組み合わせて学びます。

時間割例

授業紹介

  • Web制作演習

    Web制作演習

    Webページの仕組みや作り方を学び、検定取得も

    インターネットの普及が進み、様々なジャンルのWebページが公開されています。この演習では、広く使われている作成ソフトを使い、基礎的な作り方から始め、いろいろな機能を学習します。また「ホームページ作成検定」の合格をめざします。

  • サービス接遇演習

    サービス接遇演習

    検定を通しておもてなしの心とかたちを育てる

    サービスに対する考え方や行動の型など、サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、応対の技術、言葉遣い、態度・振る舞いなどを学びます。また「サービス接遇検定」の合格をめざします。

  • ファッションクリエイト実習

    ファッションクリエイト実習

    被服制作の技能向上をめざし、衣服構造への理解を深めます。

    被服制作技術と知識の向上をめざして、スーツを制作し、衣服構造の理解を深めるほか、素材選択、パターン作成、縫製の技術と知識を習得します。

  • 応用調理実習

    応用調理実習

    各国の調理法を学び、食のプロデュース力を養います。

    日本・西洋・中国料理の様式に基づいた調理実習を行い、各国の特徴ある調理法やテーブルセッティング、食事作法などについても広く学びます。またメニュープランニング、情報発信方法など食をプロデュースする力を身につけます。

実社会で通用する能力を身につけるプログラム

  • キッズパソコンプロジェクト

    情報×地域 スタディスキル

    キッズパソコンプロジェクト(主体的学修発展・応用講座)

    地域の小学生を対象としたパソコンセミナーの実施を通し、自分の学びの成果を実社会での活動に役立てます。セミナー当日の運営はもちろん、チラシ・ポスター制作、セミナー教材作成など準備の段階から、相手に楽しんで参加してもらうためにはどうすればいいのかを常に心掛けて活動します。

  • 企業戦略総合演習

    ビジネス×情報 ITリテラシー

    企業戦略総合演習

    国家試験であるITパスポート試験の「ストラテジ系」「マネジメント系」の出題範囲を実践的に学びます。企業における経営手法や、情報戦略の実例を題材に取り上げ、グループで討議を行い、グループごとにプレゼンテーションを行います。ビジネス社会で、企業人として活躍できる能力とビジネスセンスを養います。

  • ブランディング実習

    被服×ビジネス ファッションビジネス

    ブランディング実習

    ブランディングでは、ファッションブランドを作るための活動について学びます。 この授業では、アクセサリー商品のブランディングを課題として、商品化に至るまでのプロセスを学び、サンプルとしてアクセサリーを制作します。学生が制作したサンプルは、アクセサリー販売企業の企画担当者に対してプレゼンテーションを行い、商品化に必要な量産に対応した企画とデザインについても学びます。

  • 企業戦略総合演習

    被服×情報デザイン ファッションクリエイト

    アパレルCAD

    アパレルCADとは、アパレル生産における設計の部分であるパターンメーキング等の作業を行うCADソフトのことです。このソフトを使用して授業を行います。ほとんどの既製服メーカーが導入しているものと同じソフトを使い、基本を学修します。

  • レシピ開発プロジェクト

    食×ビジネス  スタディスキル

    レシピ開発プロジェクト(主体的学修発展・応用講座)

    マックスバリュ東海(株)の食育活動「ちゃんとごはん」と連携して、レシピカードを作成しています。授業では献立の立案、試作を繰り返し、企業に提案します。カードは、店舗に設置され、設置時期に合わせて、マックスバリュ店舗において試食販売イベントを実施し、販売促進活動を行っています。

  • 食を通じた子育て支援活動(主体的学修発展・応用講座)

    食×地域  スタディスキル

    食を通じた子育て支援活動(主体的学修発展・応用講座)

    瑞穂区にある児童館や子育て支援施設で、オリジナルの木製食器づくり講座や食卓を彩るカードづくり講座など、食を通じた子育て支援活動を行います。木製食器のお手本を作ったり、カードづくりでは切り絵や手形アートの見本を作ったり、たくさんの準備を行いイベントに臨みます。

コンテスト参加

Contest 1

文書デザインコンテスト

デザイン力を発揮し文書デザインコンテストに応募

日本情報処理検定協会主催の「文書デザインコンテスト」に毎年応募し、複数名の入賞実績があります。審査員特別賞を受賞した作品は主催者のホームページで公開されます。限られた紙面の上で表現するために、写真の構図を考えたり見やすいデザインを工夫したりと授業で学んだ知識や技術を駆使して作品の制作を行います。また、著作権や肖像権などについても具体的に学び、写真やイラストを利用する際には知的財産権を順守した素材収集に取り組んでいます。

コンテスト参加

Contest 2

ファッションデザインコンテスト・ファッションショー

学内・学外で作品発表

大学で学んだ知識と技術を生かして、学外で開催される様々なファッションコンテストに応募します。作品を制作するだけでなく、モデルとしてファッションコンテストの審査会やファッションショーに出演し作品を発表しています。また、学内で開催される大学祭や越原記念館・記念館ホールでの作品発表会、学内ギャラリーでの展示会など、学生作品を発表する機会が充実しています。

コンテスト参加

Contest 3

レシピコンテスト

各種レシピコンテストへの応募

食品学や栄養学の講義で学んだ知識と調理実習で得た技術を生かし、様々なレシピコンテストに応募します。コンテストに向け試行錯誤を重ねて、テーマに合わせたレシピを完成させます。レシピを考えるだけでなく、おいしそうに写真を撮る構図やプレゼンテーションスキルも併せて学びます。

コンテスト参加

教員紹介

  • 石毛 恵美枝

    石毛 恵美枝教授

    英語教育

    国際社会に必要な英語力を養うと共に、異文化との触れ合いを通し、国際人としての素養を育みます。

  • 成田 公子

    成田 公子教授

    調理学

    調理学の立場から食品の有効利用について研究。東海地方の伝統食にも関心を持っています。

  • 早川 享志

    早川 享志教授

    食品栄養学

    でんぷん食品中レジスタントスターチの大腸内環境改善効果について研究しています。

  • 原田 妙子

    原田 妙子教授

    被服構成学

    時代とともに変化する体型をいかに美しく装うか。若い女性の体型と被服パターンについて研究しています。

  • 小田 久美子

    小田 久美子准教授

    ファッションデザイン

    現代におけるファッションデザインのあり方について考え、作品を製作しています。

  • 森屋 裕治

    森屋 裕治准教授

    情報メディア 情報コミュニケーション

    メディアが人のコミュニケーションに及ぼす影響を比較、分析します。

  • 石﨑 智恵利

    石﨑 智恵利講師

    栄養学 食品加工学

    食生活における問題点を発見し、対応策を考えて実践できる学生の育成に努めています。

  • 上野 真由美

    上野 真由美講師

    秘書学 マナー

    秘書の業務や社会人として身につけたいマナー・立ち居振る舞いを学びます。

  • 武岡 さおり

    武岡 さおり講師

    情報処理 eラーニング

    個々の能力に合わせた学習支援システムを研究しています。

  • 阪野 朋子

    阪野 朋子講師

    調理実習

    調理学の知識と技術でおいしく栄養的に優れた食生活を提案していきます。

  • 箕浦 恵美子

    箕浦 恵美子講師

    情報処理 情報リテラシー教育

    web教材を利用した学習を実践し、高度な情報技術を持った人材の育成を行います。

先輩の声

  • 久納 由衣

    SPI対策やビジネスマナー習得など、具体的な
    就職活動の準備が1年次から始まっています。

    短期大学部 生活学科 2年 情報ビジネスコース※

    愛知県立旭野高等学校出身

    久納 由衣さん

    就職活動で強みにできるよう資格取得に力を入れています。「上級情報処理士」「上級ビジネス実務士」「秘書士」など卒業と同時に取得できる資格のほか、「実践エクセル演習」「実践ワード演習」などの授業を通して多くのパソコン資格の取得もめざせます。検定試験は大学で受けられるものも多く、安心して実力を発揮できます。また、「キャリアデザイン*」でSPI対策や就職情報会社の担当者によるレクチャーが行われ、「生活マナー演習」でビジネスマナーを学ぶなど、就職活動につながる取り組みも1年次から始まっています。今後もさまざまな資格取得に挑戦しながらビジネスシーンで生かせるスキルを身につけ、自分の可能性を広げたいです。

    ※「キャリアデザイン」は2022年4月より「主体的学修基礎講座」に変わります。
  • 洞地 舞音

    基礎から実践まで、段階的なカリキュラムで洋服づくりを確実に習得できます。

    短期大学部 生活学科 2年 ファッションデザインコース※

    愛知県 岡崎城西高等学校出身

    洞地 舞音さん

    パターン作成、デザイン画の描き方、布地の特徴など、洋裁や素材についての基礎を段階的に学びながら、洋服づくりのスキルを身につけています。「ファッションクリエイト基礎実習」で、初めて自分用のサマードレスを仕上げた時は、とても嬉しかったです。こうした制作の経験を生かす機会として、学外コンテストにも挑戦。外部の評価を受けることで自分の実力を知ることができ、自信にもつながりました。私はブライダルのドレスデザインに関心があるため、2年次の「ドレスメーキング実習」でしっかり技術を身につけたいと考えています。また「アパレル構成学*」でフォーマルウェアについて学び、「フォーマルスペシャリスト検定準2級」の資格を取得しました。

    ※「アパレル構成学」は2022年4月より「衣生活論」に変わります。
  • 金田 柚葉

    食について多角的に学びながら、資格や
    ITスキルなど就職活動での強みも身につきます。

    短期大学部 生活学科 2年 フードマネジメントコース※

    愛知県立昭和高等学校出身

    金田 柚葉さん

    調理のスキルから食材や栄養、衛生に関する知識まで、フードマネジメントコースでは食に関して多角的に学び、専門性を身につけることができます。「調理学」では食材と栄養の関係、「食品衛生学」では食中毒やウイルスについて詳しく学び、食に対する意識を高めることができました。「フードコーディネーター3級」「レストランサービス技能士国家試験受験資格」などの資格取得と直結する授業もあり、就職活動で強みにできそうです。また、私は情報系の科目も多数履修しました。入学当初はパソコン初心者だったものの、先生が二人体制で手厚く教えてくれる授業のおかげで、ワードやエクセルを使いこなせるようになりました。

  • 牛田 愛佳

    身につけたITスキルを社会でどう生かすか。ビジネスシーンを意識した演習科目が充実。

    短期大学部 生活学科 情報ビジネスコース※ 2年

    愛知県立東郷高等学校出身

    牛田 愛佳さん

    習得したITスキルをビジネスシーンでどう活用するかを実践的に学べるのが魅力です。例えば「オフィスマネジメント*」ではエクセルを用いた膨大なデータ処理の手法を身につけ、「地域貢献演習*」では、パンフレット制作を通して誌面レイアウトや文章作成のスキル、取材のノウハウやマネジメント力を養うことができました。さらに、自分の力を試す機会として「文書デザインコンテスト」に応募。ワードを活用した文書のレイアウトに取り組み、スキルを再確認できました。また、就職活動につながる授業も充実しています。「生活マナー演習」ではビジネスマナーを身につけ、企業の採用試験に備えることができました。

    ※「オフィスマネジメント」は2022年4月より「ITマネジメント演習」、「地域貢献演習」は「主体的学修発展・応用講座」へ変わります。
*2022年4月よりコース制変更