名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

文学部 児童教育学科 児童教育学専攻

授業紹介

子どもの目線で考える力を養い、子育てや教育に関わる幅広い領域を学びます。

幼児理解の理論と方法
子どもの発達過程を学び、保育の役割を考えます。
乳幼児期から幼児期、学童期へと連続する子どもの発達や、子どもの心、子どもと保育者の関係性などを学び、子どもや保育者となる自分自身への理解を深めます。

保育原理
保育の意味と大切さを理解し、保育士の基礎を固めます。
保育の意味、楽しさ、難しさ、大切さを感じ取りながら、法制度、歴史的背景、現代的課題、保育理論・哲学、海外の保育事情などを学び、保育士としての基礎を固めます。

保育の表現技術(音楽)
子どもに音楽の楽しさを伝える豊かな表現力を身につけます。
ピアノ奏法、読譜力、初見演奏力、正しい音程と発声での歌唱力、表現力を身につけます。子どもたちに音楽の楽しさを伝えるため、顔や声に豊かな表情をつける実践力も養います。

児童家庭福祉
児童福祉の重要性を考察し、援助者の使命を学びます。
児童相談所の役割、児童虐待の背景、子育て支援の現状など具体的な事例検討も取り入れ、子どもの健やかな成長を最優先させる大切さ、援助者としての使命について学びます。

体育
心身の成長に深く関わるスポーツの基礎技能を習得します。
さまざまなスポーツを通して運動の基礎技能を学ぶとともに、グループ活動を行って仲間と体を動かす楽しさ、目的を達成する喜びを共有し、コミュニケーション能力を高めます。

教育相談(カウンセリングを含む)
子ども理解のための姿勢や態度、支援の方法について学びます。
子どもたちと信頼関係を築くための姿勢や態度を身につけ、子どもたちの抱える悩みに対応できる実践力を身につけます。不登校やいじめなどの教育問題についても考えていきます。

保育実習指導
保育の課題を学びながら、確かな知識と技術を養います。
働く女性や家族関係など、現代社会が抱えるさまざまな保育の課題について考察しながら、保育技術を磨く実技実習を行い、子どもたちに最善の利益を提供できる保育技術を養います。

保育の表現技術(図画工作)
子どもの造形表現を援助するための方法と
造形表現技術を身につけます。
幼児の造形表現について理論と実践をとおして学びます。描いたりものを作ったり発表する体験をとおして、自らの表現技術を高め、子どもの造形表現を援助する方法を身につけます。

臨床心理学
心の問題や課題を抱える人に寄り添い、支える方法を学びます。
子どもの発達過程で生じうる心の問題に保育者として対応できる力、保護者の苦しみや悩みを受け止め支援する力を養います。一人ひとり違った心を大切にする姿勢を学びます。

ゼミ紹介

ことばとコミュニケーションゼミ 服部 幹雄 教授

人間関係の基盤となる
コミュニケーションの理論と実践を研究します。

言語学(語用論)・英語教育学を学び、伝えたい情報を過不足なく明確に相手に発信し、他者(異文化)の視点を尊重しながらことばで人間関係を築いていく「コミュニケーションスキル」に理論と実践の両面からアプローチします。学生主体の発表・ディスカッションに加え、「ことばのバリアフリー」化のための実地調査、小学校授業参観、学会参加など学外授業にも精力的に取り組んでいます。

絵本研究ゼミ 村田 あゆみ 講師

絵本についての理論と実践力の両輪を極めたエキスパートに!

ゼミでは、各自が絵本に関する文献や絵本作品の発表を担当し、みんなで討論します。一人だけで読んでいては見られない発見がそこから生まれます。また、学内外でのワークショップに参加し、他ゼミと合同で絵本をテーマにした森を作ったり、絵本シアターの企画という活動にも取り組んでいます。議論や準備を通して培ったゼミの団結力はピカイチです。学生主体で活動し、教員は見守りに徹しています。

ゼミナール一覧

  • 子ども学|荒川 志津代 教授
  • 漢字表現・漢字教育・中国文化|安藤 春代 教授
  • 音楽第3|伊藤 充子 教授
  • 環境|小椋 郁夫 教授
  • 造形|渋谷 寿 教授
  • 理科教室|橋 哲也 教授
  • 児童英語活動|Douglas Jarrell 教授
  • 国語研究| 和良 教授
  • 子どもの英語と多文化理解|羽澄 直子 教授
  • ことばとコミュニケーション|服部 幹雄 教授
  • 社会科研究|宮原 悟 教授
  • 保育心理学|吉村 智恵子 教授
  • 音楽第1|稲木 真司 准教授
  • 保育臨床|大鐘 啓伸 准教授
  • 特別支援教育・保育|榊原 剛 准教授
  • 音楽第2|坪井 眞里子 准教授
  • 身体表現・運動|眞ア 雅子 准教授
  • 特別活動|桝川 知 准教授
  • 理科教育(物理)|吉川 直志 准教授
  • 音楽第4|吉田 文 准教授
  • 国語・言葉|市村 由貴 講師
  • 日本と海外の幼児教育|門松 愛 講師
  • 子どもの人間関係|國京 惠子 講師
  • 教育社会学|佐々木 基裕 講師
  • 教育思想・教師論|杉原 央樹 講師
  • 教育方法学|竹内 正裕 講師
  • 美術表現・教育研究|堀 祥子 講師
  • 保育相談|宮本 桃英 講師
  • 絵本研究|村田 あゆみ 講師
  • 発達障害学|野内 友規 講師
  • 算数・数学教育研究|山本 忠 講師
  • 子どもの健康|大曽 基宣 講師
  • 教育心理学|佐々木 真吾 講師

主な卒論テーマ

  • 新学習指導要領に基づく発達段階に応じた小学校の外国語活動・外国語科の指導法
  • 絵本ワークショップの研究―言語表現から造形表現のつながりについての一考察―
  • 食べ物に対する嫌悪要因と自閉傾向の関連
  • きょうだいができることに対する子どもの複雑な思いへの理解
  • オペレッタ教育が担う体育的な役割に関する一考察
  • 算数科図形分野におけるプログラミング教育―Scratchを活用して―
  • 小学校理科のものづくりコンテンツ系統図作成
  • 小学校国語科における漢字教育の意義と指導法
  • 異年齢保育の意義と保育士の役割―日本や海外の事例を通して―
  • 捺染技法を用いた制作および子どもとワークショップ実践から読み取る美術表現の違いの研究
  • 子どもの主観的幸福感と母親の育児感情との関係性の検討
児童教育学科 幼児保育学専攻
学科の概要と特徴
カリキュラム
授業紹介
先輩の4年間

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.