名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

文学部 児童教育学科 児童教育学専攻

先輩の4年間

student voice

大野 真悠さん 文学部 児童教育学科 幼児保育学専攻 4年 愛知県立瀬戸西高等学校出身

知識や経験を積み重ね、子どもの気持ちに寄り添う保育者になりたいです。

オープンキャンパスに一人で参加していたところ、先生や学生が話しかけてくれて親切に教えてくれたので、ここなら助けてもらえると感じました。今までピアノに触ったことがなくて不安でしたが、学生3人に対して先生が1人ついて教えてくれるので、安心して学ぶことができました。4年間同じクラスなので仲間意識が高く、協力して学べるところが魅力です。3年次にスタートした幼児保育総合演習は、テーマに対して賛成・反対に分かれて、それぞれの立場の意見をグループで話し合い、討論するディベート形式の授業です。短い時間で自分の考えを相手に納得してもらう力は、集団面接にも役立ちそうです。

大野 真悠さん

1年次
保育の基礎を学習。少しずつ自信をつける。
「保育の心理学」では子どもの行動に背景や理由があることを学びました。未経験のピアノは放課後レッスン室で友達と練習しました。苦手な図工も自分なりに表現したものを受け止めてもらい、自信を持てました。
2年次
幼稚園実習で子どもたちと関わる。
健常児と障がい児を一緒に保育する統合保育に興味があったので、実習先の園にお願いをして障がいを持つ子がいるクラスを経験させていただきました。子どもを信じてみることの大切さを学びました。
3年次
地元の公立保育所で2週間ずつ実習。
6月と夏休みに2週間ずつ、地元の公立保育所で実習をしました。記録をもとにどう支援すべきだったのかを現場の先生から学びました。後期のディベート演習では様々な角度から物事をとらえる力が身につきました。
4年次
ピアノを再開するなど今までの学びを総復習。
試験に向けてピアノの練習を再開。また、1〜3年次で学んだ保育者の基礎や教育要領の中身を見直したいと思います。デイサービスのボランティアも続けたいです。

近藤 春奈さん 文学部 児童教育学科 幼児保育学専攻 4年 愛知県立大府高等学校出身

実習では保育・教育のさまざまな現場を経験。将来の選択肢が広がりました。

幼稚園教諭一種免許状と保育士資格、どちらも取得できるところに魅力を感じ、名古屋女子大学に入学しました。少人数のクラス制のもと、お互いに刺激し合いながら学びへのモチベーションを高めています。グループワークに取り組む授業も多く、共同作業や発表を通して協調性やコミュニケーション力を養えるのもこの学科の特長だと思います。幼稚園実習に向けた準備では、自ら立てた指導案をもとに模擬保育を実践しました。先生と子ども双方の視点を体験することで、保育の手法を多角的に学ぶことができました。実際の実習では幼稚園、保育園、施設などさまざまな現場を経験でき、将来の選択肢も広がりました。

近藤 春奈さん

表:2年次前期の時間割例(平成28年度)

【取得をめざす資格・免許】

  • 保育士資格
  • 幼稚園教諭一種免許状

OG voice

保育職 公立保育所/公立幼稚園 文学部 児童教育学科 幼児保育学専攻 2018年3月卒業 岐阜県立可児高等学校出身 川合 真奈さん

幅広い学びや異文化経験が、
保育者に必要な人間性を育んでくれました。

幼稚園教諭だった私の母も名古屋女子大学の卒業生であり、先生と学生の距離の近さ、就職サポートの手厚さなどを聞いていたので、迷わず入学を決めました。大学の4年間で、保育分野だけでなく幅広い学びや経験ができたことで、保育者に最も大切な人間性を養えたと思います。特に印象深いのは海外インターンシップです。オーストラリアの幼稚園での実習を通し、日豪の幼稚園教育の違いとそれぞれの良さを実感できました。また就職活動では、小論文や面接対策、エントリーシートの効果的な書き方などをキャリア支援オフィスで指導してもらい、志望する自治体に合わせて万全な対策ができました。

保育士 公立保育所 文学部 児童教育学科 幼児保育学専攻 2018年3月卒業 愛知県立高蔵寺高等学校出身 椙本 由衣さん

常に向上心を持って、
子どもたち一人ひとりに寄り添うことの
できる保育者をめざします。

公務員試験をめざすサークルに入り、面接練習など試験対策に取り組みました。同じ市の試験を受ける仲間とともに切磋琢磨したことが心の支えになりました。授業はグループワークが多く、話し合いを繰り返す中で、意見を出し合いまとめる力やコミュニケーション能力が身についたと感じます。おかげで就職試験の集団討論も落ち着いて取り組むことができました。卒業後は子育て支援に力を入れている市の保育士として働きます。授業で子育てと仕事の両立が難しいことを学んだので、保育職という立場から力になりたいと思っています。保護者の方に信頼していただけるよう、常に向上心を持って保育に向き合いたいです。

保育士 公立保育所 文学部 児童教育学科 幼児保育学専攻 2018年3月卒業 愛知県立江南高等学校出身 宮田 江実さん

先輩や先生のきめ細かいサポートで、めざす自治体の試験に合わせた準備ができました。

入学当初は、保育士と幼稚園教諭のどちらをめざすか決めていませんでした。しかしそれぞれの実習を経験し、乳幼児期の子どもたちを援助することにより魅力を感じ、保育士をめざすようになりました。採用試験対策では、内定者の先輩から面接の内容や集団討論のテーマなど試験の詳細を教えていただき、めざす自治体に合わせてしっかり準備できたと思います。また、学科の先生には面接の練習で大変お世話になりました。その過程で自身の保育観を明確にできたことが、保育士として仕事をする上での判断基準の確立につながりました。今後は子どもや保護者とともに成長できる保育者をめざします。

児童教育学科 幼児保育学専攻
学科の概要と特徴
カリキュラム
授業紹介
先輩の4年間

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.