名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

文学部 児童教育学科 児童教育学専攻

先輩の4年間

student voice

鈴木 幹奈さん 文学部 児童教育学科 児童教育学専攻 4年 愛知県立国府高等学校出身

実習で教育現場を知り、小学校教諭という“夢”が“目標”に変わりました。

特に楽しく取り組んだのは、子どもの実態を知るきっかけになるような授業でした。「子ども理解の方法」では、事例をもとに子どもへの対応の仕方を考えることができました。授業ではグループワークやディスカッションに取り組むことも多く、他者の意見を取りまとめながら自分の意見を発信する力を養いました。将来、職員会議など教員同士で話し合う機会に役立てられると思います。小学校実習では、現場で求められる知識や教師の働き方を具体的に知ることができ、「先生になりたい」という漠然とした夢が明確な目標に変わりました。卒業後は、子どもと信頼関係を築ける小学校教諭をめざします。

鈴木 幹奈さん

1年次
幼児教育中心の学びで人間性も磨く。
幼児教育に関する授業が多いのが、1年次の学びの特徴。「基礎造形」や「幼児の造形指導法」ではグループワークで教材づくりや発表に取り組み、協調性やコミュニケーション力も養うことができました。
2年次
小学校教育を学び教育者としてのあり方を知る。
初等教育コースに進むと教育者としてのあり方を学ぶ授業が多くなり、教員をめざすという意識が高まりました。グループワークでは、考えをまとめたり発信する力が鍛えられたと思います。
3年次
演習や模擬授業を通し、“授業力”を身につける
3年次になると、後期から始まる小学校実習に備えて演習や模擬授業の機会が圧倒的に増えました。授業の進め方や子どもたちとの接し方を実践的に学ぶことで、現場で求められる授業力が身につきました。
4年次
教員採用試験に向けて勉強を強化。
3年次から始めていた試験勉強もいよいよ本格化します。過去問題を繰り返し解いて一次試験に備えるほか、教職をめざすサークル「リーフレット」に参加して仲間と一緒に面接練習などにも力を入れます。

立石 朋子さん 文学部 児童教育学科 児童教育学専攻 4年 愛知県立吉良高等学校出身

豊富な模擬授業は、名古屋女子大学ならでは。教室で実際に発揮できる力が身につきました。

小学校教諭をめざす私にとって、9教科の模擬授業に取り組む「教科教育法」は、とても有意義なものでした。指導案を組み立て、小学校で行われている45分間の授業を実際に展開する経験を何度も重ねたことで教育実習の準備を万全にできたと思います。児童教育学科の先生方は、現場経験豊富な教育のプロフェッショナルばかりで事例をもとに小学校現場での児童の実態を教えてくださいます。そこから、さまざまな子どもたちとのコミュニケーションの取り方や対処法を学ぶことができました。将来は、子どもたちに「学校は楽しい」と思わせる先生になりたいと思います。

立石 朋子さん

表:2年次後期の時間割例(平成28年度)

【取得をめざす資格・免許】

  • 小学校教諭一種免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状

OG voice

小学校教諭 三重県教育委員会 文学部 児童教育学科 児童教育学専攻 2018年3月卒業 三重県立四日市南高等学校出身 秋谷 真衣さん

思いやりを持ち、みんなで助け合えるクラスをつくりたいです。

3年次の小学校実習やボランティアで小学生と関わるうちに、子どもの発想の豊かさや成長を感じる中で教育の面白さを感じました。この4年間で得られたものは大切な仲間です。グループ単位で模擬授業を行う「教科教育法」では、子どもたち全員に理解してもらえる授業をつくる難しさに直面して自信がなくなることもありましたが、仲間と励まし合いながら乗り越えることができました。教員採用試験対策を目的としたサークルでは、同じ地域で試験を受ける学生同士がグループとなり、面接練習などに取り組みました。同じ夢をめざす友達や熱心な先生に支えられて、小学校教諭になることができたと感じています。

小学校教諭 名古屋市教育委員会 文学部 児童教育学科 児童教育学専攻 2018年3月卒業 愛知県立高蔵寺高等学校出身 釆女 更さん

学ぶ楽しさを感じさせてくれた恩師のように子どもの意欲を引き出す教師をめざします。

勉強が苦手でも学んでみようと思わせる小学6年生の時の恩師に憧れて、教師をめざすようになりました。小学校実習で子どもの興味をみて臨機応変に授業をする先生の姿に、授業は子どもから進めていくのだと感じました。大学では自ら作成した学習指導案をもとに模擬授業を行う教科教育法など、実践的な学びから大きな学びを得られました。また、少しでも多く子どもと関わる時間を設けたいと思い、4年間キャンプカウンセラーのボランティアに参加しました。キャンプの目標を考える過程は、授業の組み立てに通ずるところがあり、子どもたちがよりよくなるためにどうするかを考える力が身につきました。

小学校教諭 静岡県教育委員会 文学部 児童教育学科 児童教育学専攻 2018年3月卒業 静岡県立袋井高等学校出身 西本 真子さん

子どもたちに寄り添い、一人ひとりを輝かせることができる教師をめざします。

最初は幼稚園教諭と小学校教諭のどちらをめざすか迷っていました。しかし、実習や教職インターンシップを通し、自分の働きかけで子どもたちの成長を促せること、また子どもの反応によって自身も成長できることに魅力を感じ、小学校教諭をめざすようになりました。4年間を通して学んだのは、子どもとの関わり方や教師としてのあり方です。グループワークではクラスメイトのさまざまな考え方から学ぶことも多くありました。教員採用試験対策では先生方の親身なサポートが大きな支えになり、合格につながったと思います。今後は、子どもたちに寄り添い、輝かせることのできる教師をめざします。

児童教育学科 児童教育学専攻
学科の概要と特徴
カリキュラム
授業紹介
先輩の4年間

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.