名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

短期大学部 生活学科 フードマネジメントコース

先輩の2年間

student voice

高山 紗耶花さん 短期大学部 生活学科 フードマネジメントコース 2年 愛知県 名古屋女子大学高等学校出身

食の大切さを実感した経験からこの分野を学ぼうと決めました。

以前から食に興味があり、食に関する分野を幅広く学べる本学科に入学しました。幼稚園の頃に始めた新体操を高校生まで続け、辛い食事制限を経験したことから、食への思いが強くなったのだと思います。授業では栄養や健康についての知識を、実習では調理技術を学びながら、「フードコーディネーター」資格をめざす科目も受講しました。オープンカレッジでは「ダイエットコーディネーター認定」にも挑戦し、「医療事務」「情報処理技能検定」などの資格取得も目標にしています。将来は、大学での学びを生かしながら、運動を教える仕事に就けたらと思っています。

高山 紗耶花さん

1年次前期の時間割例(2018年度)

表:1年次前期の時間割例(2018年度)

武富 朱里さん 短期大学部 生活学科 フードマネジメントコース 2年 愛知県立古知野高等学校出身

幅広く学べるのが本学の魅力。世界がどんどん広がっています。

祖母も母も料理上手で、私も幼い頃から料理が好きでした。高校卒業後は調理の専門学校へ進むことも考えましたが、将来の目標がはっきりとは定まっていなかったため、幅広い分野について学べる本学を選びました。入学後は、食はもちろん、情報について学ぶことの楽しさも知り、興味の幅が広がってきたと実感しています。「秘書検定」「上級情報処理士」などの資格に挑戦しようと思ったのも、行動力のある友人たちや親切な先生方の存在があったからこそです。これから将来についてじっくり考え、やりたいことには迷わず挑戦していけたらと思っています。

武富 朱里さん

1年次後期の時間割例(2018年度)

表:1年次後期の時間割例(2018年度)

OG voice

医療事務 安城更生病院 短期大学部 生活学科 食生活コース※ 2019年3月卒業 愛知県立碧南高等学校出身 北澤 汐音さん ※2018年4月よりフードマネジメントコース

医療従事者と患者様の橋渡し役として、
学びを生かして活躍したいです。

祖母の病気をきっかけに、食を通じた介護に力を入れる母の姿を見て、食生活や医療に興味を持つようになり、食生活と医療のどちらも学ぶことができる本学科に進学しました。病院実習では、お世話になる病院を選ぶところから事前の打ち合わせまですべて自分で行い、努力したからこその充実感が得られました。そのおかげで、就職活動にも自信を持って挑むことができたと思います。私が就く医療事務という仕事は、医師や看護師をはじめとする医療従事者と患者様やそのご家族をつなぐ、大切な役割を担っています。本学で学んだことを生かし、患者様が安心して来院できる手助けができたらと思っています。

総合職 愛知北農業協同組合 短期大学部 生活学科 食生活コース※ 2019年3月卒業 愛知県立丹羽高等学校出身 佐藤 由奈さん ※2018年4月よりフードマネジメントコース

進路の選択肢が広がるよう、
ITスキルの習得や資格取得に力を入れました。

食に関する専門知識を身につけながら、ITスキルの習得や資格取得にも力を入れ、自分の可能性を最大限に広げられるよう努力しました。卒業と同時に取得できる上級情報処理士、フードコーディネーターのほか、医療事務、食生活アドバイザーの資格も取得しました。採用試験ではそれらを強くアピールし、企業からも良い反応を得られました。就職活動で頼りになったのは、キャリア支援オフィスのサポートです。より効果的なエントリーシートの作成法やグループディスカッションによる面接対策など、さまざまな面で適切なアドバイスをしてもらえたおかげで、自分の長所やスキルを効果的にアピールできたと思います。

生活学科
フードマネジメントコース
学科の概要と特徴
カリキュラム
授業紹介
先輩の2年間

 もっと生活学科を知りたい
         あなたのために
  • 生活学科とは
  • 3つのコース
  • コースの選択
  • ここだけの話
  • 海外総合演習
  • 地域貢献
  • 卒業研究
  • 生活学科授業
  • 学外発表

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.