名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

短期大学部 保育学科 第一部

授業紹介

子どもの成長と子育てをサポートする「福祉マインド」を培います。

子どもの心理学
子どもの成長や心理的発達のメカニズムを理解します。
人が成長・発達し、変化を遂げていくメカニズムや、そのために必要な条件などを学び、子どもの心理的発達についての基礎的な知識を修得し、子どもを見守る豊かな目を養います。

子どもの健康と安全
保育の現場に不可欠な実践力を身につけます。
子どもの健康管理と疾病時の対応、授乳やおむつ交換など日常生活における保健活動が保育の現場で実践できるように演習を通して身につけます。

教育の方法と技術
教材作成を通じて人に教えることの難しさと楽しさを学びます。
自分でテーマを選んで教材を設計・作成し、実際にクラスメイトに使ってもらうことによって、分かりやすい教材や教え方について体験的に学び、教材を作成する実践的な力を身につけます。

保育内容の理解と方法(造形)
造形指導に必要な感性と創造力を養います。
さまざまな素材(紙、粘土、絵の具、クレヨン等)を使用して創造活動を実践します。また、積極的に紙芝居や絵本等を鑑賞する機会をつくり、造形指導に必要な感性や創造力を育みます。

保育内容の理解と方法(音楽)
歌う楽しさを伝える弾き歌いのスキルを磨きます。
正しい発音と美しい言葉で歌うこと、子どものための歌をより多く覚えることを目標に声楽を学び、呼吸法・発声法を修得します。また、ピアノの個人指導を行い、弾き歌いのスキル向上をめざし、さらに、子どもの音域に合わせて演奏できるよう移調奏も学びます。

保育内容の理解と方法(身体)
運動や遊びによる身体表現の知識、技術を修得します。
運動や遊びなど身体を活用した身体表現に関する知識と技術を修得し、子どもの身体や運動特性について理解しながら、創造力を引き出す指導プログラムを作成し、実践する力を身につけます。

[Topics] 瑞穂区子育てサロン「さくらひろば」白石 朝子 講師

保育学科では、学生が授業での学びを生かし、地域への社会貢献活動を行っています。その一つが、瑞穂区子育てサロン「さくらひろば」での活動です。学生は、小さな子どもやお母さんと実際に関わり、絵本を読んだり一緒に遊んだりします。特に2月には、瑞穂区役所にある広い講堂で1年生が手遊びを、2年生がオペレッタの発表を行いました。子どもたちは、歌に合わせて手を叩いたり飛び跳ねたりして自然に身体を動かし、お話を楽しそうに聴いてくれました。学生は、子どもたちの笑顔から嬉しさや充実感、自信を得たことはもちろん、子どもたちの反応から学びを深め、有意義な経験をすることができました。

さくらひろば「なべのきもち」
さくらひろば「なべのきもち」
[Topics]地域ボランティア活動「スポーティブ・ライフ in 瑞穂」藤巻 裕昌  講師

名古屋市教育委員会主催のイベントにおいて、有志の保育学科生が、地域の子どもから大人まで参加できるブース出展企画・運営に取り組みました。学生が主体となり「実施内容の検討、運営を行うこと」「保育・教育に関連した内容を検討すること」という趣旨のもとに授業で学んだ知識、技術を活用し、実施内容を決定しました。身近なものを生かした手作りの教材を通して、動いて関わって楽しめる遊びの場を提供し、学生は身近なものを活用した遊びを通して人と関わること、地域社会における交流や貢献、生涯教育の在り方について体験的に学びました。

「わなげとけん玉」
「わなげとけん玉」

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.