名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

短期大学部 保育学科 第一部

先輩の2年間

student voice

折戸 愛彩さん 短期大学部 保育学科第一部 2年 愛知県 名古屋経済大学高蔵高等学校出身

保育・教育・福祉を広く学び、多様な視点が身につきました。

保育者としての実践力を養う実技の授業が多いのが、保育学科の特色です。中でも「保育表現技術(音楽)」ではピアノの個人レッスンの時間もあり、弾き歌いのテクニックや現場で求められる楽曲のレパートリーを確実に自分のものにできます。「言語表現」では、子どもへの話しかけ方や絵本の読み聞かせを学び、子どもを引きつける表現力を養いました。また、2年間を通して保育・教育・福祉について広く学ぶことで、子どもの目線に立つことの大切さ、障がいのある方への理解など、さまざまな視点を身につけることができると思います。それらを生かし、子どもの成長を手助けできる保育士をめざします。

折戸 愛彩さん

1年次
保育・教育の基礎を学びながら、子どもとの接し方も実践的に学ぶ。
「保育」の意味や基本的な考え方を知ることに始まり、乳幼児の抱き方や着替えなどの実践、ピアノの弾き歌いや絵本の読み聞かせなど、保育・教育の基礎を体験的に学習しました。子どもとの接し方を具体的に学び、現場で役立つスキルを徐々に身につけました。
2年次
ディスカッションを通し、保育観・教育観を養う。
保育園・幼稚園・福祉施設の実習では、それぞれの現場で求められる保育・教育力を修得しました。また「保育と教育の心理学」では、ディスカッションを通して自身の保育観を確立し、それを伝える力を養いました。採用面接や実際の仕事でも生かせると思います。

墨江 梨奈さん 短期大学部 保育学科第一部 2年 名古屋市立富田高等学校出身

さまざまな保育の現場を経験し、実践力を養っています。

保育学科の学びはとても実践的です。「子どもの保健1」では、授業で習ったことをノートではなく教科書に書き込むよう指導されます。卒業後、実際に保育士や幼稚園教諭として現場に出た際、それがそのまま“参考書”になるのです。また、働くお母さんが増えている中、より長く子どもと接する保育士が担うべき役割についてなど、保育の現場の“今”について学ぶこともできました。さらに、実習はもちろん、先生が保育の専門家として独自に取り組んでいらっしゃる「親子教室」の活動に参加するなど、カリキュラム以外にも子どもたちと接する機会が充実しており、さまざまな現場を通して経験値を高めています。

墨江 梨奈さん

表:1年次後期の時間割例(平成29年度)

【取得をめざす資格・免許】

  • 保育士資格
  • 幼稚園教諭二種免許状

OG voice

保育士 公立保育所 短期大学部 保育学科第一部 2018年3月卒業 愛知県立津島北高等学校出身 天野 智菜さん

保育士という仕事を通して
地域社会に恩返しをしたいです。

小学生の頃に、保育士として楽しそうに仕事をしている母の姿を見ており、また一緒にお遊戯の劇を考えることもあったので、自然と保育士の道を志していました。入学前から公務員試験を受けるつもりだったので、日々の授業の理解度を深め、1年次2月の保育園実習の直後から公務員試験対策講座を受講しました。先輩の体験談から地元の市では面接やピアノが重視されると聞いていたので、キャリア支援オフィスで何度も面接指導や履歴書の添削をしてもらいました。中学・高校に専念していたスポーツ経験から体力には自信があります。子どもに負けないくらい動き回り、子どものことを一番に考えられる保育者になりたいです。

幼稚園教諭 陽明旭幼稚園 短期大学部 保育学科第一部 2018年3月卒業 愛知県 名古屋女子大学高等学校出身 下高原 朱理さん

子どもたちが安心して楽しく過ごせるように
子どもたちとの信頼関係を築いていきたい。

中学生の頃に保育園で職業体験を行い、保育士に興味を持ちました。この2年間で得たものは積極性です。入学前は人前に立つのが苦手でしたが、クラスみんなの前で発表する授業が多く、繰り返すうちに余裕が生まれました。誰かに任せるのではなく自ら行動を起こすことができるようになり、内定先に4週間の幼稚園実習に訪れた際も、できることを見つけて積極的に子どもと関わるようにしていました。就職活動中は、マナー講座に参加して服装や身なりに気をつけるほか、笑顔ではっきり話す練習をしました。春から幼稚園教諭として働きますが、一人ひとりの子どもをよく見て深く理解できる保育者になりたいです。

保育職 公立幼稚園/公立保育所 短期大学部 保育学科第一部 2018年3月卒業 愛知県立安城高等学校出身 森部 さよこさん

子どもたちが園に来るのが楽しくなるよう
思いやりをもって接していきたいです。

自分がずっと大切にしてきた「親切」が学園訓であるところに魅力を感じて入学を決めました。校外実習では公立保育園2園、公立幼稚園1園を体験しました。日々の実習記録は大変でしたが、子どもたちの姿を思い浮かべ対応を振り返ることができたので、ためになりました。公務員試験の3ヶ月ほど前から試験対策を実施。面接練習はキャリア支援オフィスに依頼し、試験を受ける市の傾向を踏まえて練習してもらいました。笑顔が多い人が採用されると聞いていたので、毎日笑顔で挨拶をすることを意識しました。試験前に担任の先生が電話をくださり、肩の力が程よく抜けました。笑顔を大切に子どもたちの成長を支えていきたいです。

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.