名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

休講について

本学の行事あるいは授業担当教員のやむを得ない理由により、授業を休講にすることがあります。

  1. (1)あらかじめわかっている休講は、事前に休講掲示板に掲示するとともに、ポータルサイト(アドレス https://portal.nagoya-wu.ac.jp/campusp/k/)で確認できます。
  2. (2)休講掲示がなく、始業時間から30分以上経過しても授業担当教員が現れず、また何の連絡もない場合は学生支援センター教学支援部門に連絡し、指示を受けてください。
  3. (3)災害及び交通機関ストライキの場合
    地震、台風等の災害や交通機関のストライキにより運行が中止された場合の授業、定期試験、追・再試験は、次のとおり取り扱います。
    発令、介解除の時間 本校の講ずる措置
東海地震に関する
「警戒宣言」等の
発令
「東海地震注意情報」の発令 午前6時現在発令されている場合 午前中休講
午前10時現在発令されている場合 全日休講
「東海地震注意情報」の解除
「警戒宣言」の解除
午前6時までに解除の場合 平常通り授業
午前10時までに解除の場合 午後から授業
「特別警報」または「暴風警報」の発令 名古屋市に発令された場合 午前6時現在発令されている場合 午前中休講
午前10時現在発令されている場合 全日休講
交通ストライキ 名古屋市営の交通機関、名鉄、JRのいずれか一つの交通機関が交通ストライキを行った場合
(その他の交通機関は平常通り授業、試験を実施する)
午前6時現在ストが継続している場合 午前中休講
午前10時現在ストが継続している場合 全日休講
上記以外の場合において、授業、試験を実施することが困難であると予想されるときは、本学の防災本部、防災対策委員会の指示により休講措置等の判断を行います。

※ 次の場合は、上の表に準じて取り扱います。(授業、試験は実施されますが、出校できなかった場合は、学生支援
  センターで必要な手続きをすることにより、欠席とはみなしません。)

  1. ① 名古屋市以外の居住者の居住区域、通学経路に 「特別警報」または「暴風警報」 が発令された場合。
  2. ② 災害等により、交通機関が不通になった場合。
  3. ③ 上の表以外の交通機関がストライキを行った場合。

※ 上記 ①〜③ により受験できなかった期末試験科目については、学生支援センター教学支援部門で所定の手続きをすれば、追試験が受験できます。

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.