名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

学籍・その他変更事項

| 休学 | 復学 | 退学 | 除籍 | 再入学 |
| 本人および保証人の変更届 | 改姓・本籍地変更について |


学籍

[休学]

病気その他やむを得ない理由により、2か月以上修学困難な場合は、1年間の期間に限り、休学することができます。また、特別の理由がある場合は、更に引き続き1年を限度として休学することができます。この場合、あらためて休学願を提出して、許可を得なければなりません。ただし、通算して大学は4年、短大は2年を超えて休学することはできません。なお、休学期間は在学年数に算入されません。

↑TOPへ戻る

[復学]

休学期間が終了して復学しようとするとき、または、休学期間中に、その理由が消滅した場合は、保証人連署の上、願い出てください。

↑TOPへ戻る

[退学]

病気その他やむを得ない理由により退学する場合は、保証人連署の上、願い出てください。ただし、授業料等の学費が未納である場合は、退学は認められません。

↑TOPへ戻る

[除籍]

次のいずれかに該当した場合は、除籍されます。

  1. 1)正当な理由がなく学費の納入を怠り、督促を受けてもなお納入しない場合。ただし、除籍された学期末までに、所定の学費を添えて願い出れば、除籍は取り消されます。
  2. 2)在学期間が下記の年数を超えた場合。
    ・大学 8年(長期履修学生は12年)
    ・短大 4年(長期履修学生は 6年)
    ・短大専攻科 2年(長期履修学生は 3年)
  3. 3)通算して、大学は4年間,短大は2年間休学したにもかかわらず、なお修学できない場合。
  4. 4)長期にわたり行方不明の場合。

↑TOPへ戻る

[ 再入学 ]

いったん本学を退学(学費未納による除籍を含む)した者が再び入学を希望する場合は、退学した日の属する年度の翌年度の4月から起算して2年以内であれば、再入学を願い出ることができます。

↑TOPへ戻る


その他変更事項

[ 本人および保証人の変更届 ]

学生本人・保証人(学費納付者)の住所や電話番号が変わった時、また保証人(学費納付者)の変更が生じた時は、直ちに学生支援センター(学生生活支援オフィス)の所定用紙で変更の手続きをしてください。これを怠ると大学からの連絡等がつかなくなり不利益を被る場合があります。

↑TOPへ戻る

[ 改姓・本籍地変更について ]

学生本人に改姓(改名)や本籍地に変更が生じた時は、変更の証明ができる書類を持参し、学生支援センター(学生生活支援オフィス)の所定用紙で変更の手続きをしてください。

父母が死亡した場合や、住居または家財が火災・天災などにより著しく損害を被った場合は、速やかにその旨を指導教員に連絡してください。

↑TOPへ戻る

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.