名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

教員の養成の状況についての情報の公表(大学)

1.取得可能な免許状の種類

名古屋女子大学大学院

【生活学研究科】
生活環境専攻
〔中学校教諭専修免許状 家庭〕
〔高等学校教諭専修免許状 家庭〕
食物栄養学専攻
〔高等学校教諭専修免許状 家庭〕

名古屋女子大学

【家政学部】
食物栄養学科
〔高等学校教諭一種免許状 家庭〕
〔栄養教諭一種免許状〕
生活環境学科
〔中学校教諭一種免許状 家庭〕
〔高等学校教諭一種免許状 家庭〕
家政経済学科
〔中学校教諭一種免許状 家庭〕
〔高等学校教諭一種免許状 家庭〕
【文学部】
児童教育学科児童教育学専攻
〔小学校教諭一種免許状〕
〔幼稚園教諭一種免許状〕
児童教育学科幼児保育学専攻
〔幼稚園教諭一種免許状〕

2.教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画

名古屋女子大学大学院

【生活学研究科】

 「建学の精神」および「大学の理念」に基づいて学部教育で培ってきた能力をさらに向上させることを目的とし、少人数教育により細部にわたる教育を実施している。生活環境専攻では「中学校・高等学校教諭専修免許状」、食物栄養学専攻では「高等学校教諭専修免許状」をそれぞれ取得できるように教育課程を編成し、高度な教育能力をもった教員の育成に努めている。

名古屋女子大学

 建学の精神・大学の基本理念(真の男女平等の実現を目指し、よき家庭人であり力強き職能人としての女性を育成する)に基づき教員養成を行っている。①人に愛され、尊敬され、信頼される教員となるための豊かで幅広い教養や子どもに対する愛情と理解を持つとともに、人と深く関わることのできるコミュニケーション能力や協調性、使命感を備えた人間性を養う。②様々な課題を持つ子どもたちと向き合い、具体的かつ効果的な指導や支援ができる専門的知識や技能の修得と実践的指導力を養う。③自己を教育者として、また、人間として、生涯にわたって高めていくため、不断の努力を可能にする自己教育力を養う。これらの理念・構想のもと、学部・学科では次に示す教職課程を置いている。

【家政学部】

 家政学部3学科は家政学全般を学び、さらに食物栄養学科では食・栄養の専門学科としての教育理念・目的に沿い、その知識や技能が活かせる栄養教諭普通免許状(一種)と高等学校教諭一種免許状(家庭)、生活環境学科および家政経済学科では、被服、住居、食物などの専門職能をそれぞれの学科の教育目標としていることから、高等学校教諭一種免許状(家庭)、中学校教諭一種免許状(家庭)が取得できる教育課程を編成している。
 教職に関する教育課程では、「日本国憲法」などの教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目、「教師論」など教職の意義等に関する科目、「教育原理」など教育の基礎理論に関する科目、「家庭科教育法1〜4」など教育課程および指導法に関する科目、「生徒指導の理論と方法(進路指導を含む)」など生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目を1年次から3年次まで系統的に配置し無理のない科目選択を実現している。
 なお、教科(家庭科)に関する科目として、家庭経営学関連科目、被服学関連科目、食物学関連科目、住居学関連科目、保育学関連科目、家庭電気・機械及び情報処理関連科目、栄養教諭ではさらに栄養に関する科目を、3学科で学ぶ専門科目の特徴を活かして選択できるよう、系統的に配置し、工夫している。また、介護等体験は3年次に、社会福祉施設および特別支援学校などで体験を行い、4年次に教育実習を中学校または高等学校で行う。4年次の後期に「教職実践演習」を2単位(30時間)実施することにより、実践力を養っている。本学部の長い歴史と伝統のなかで培われてきた家政学に関する高度な能力を持った教員としての強みが発揮できている。

【文学部】

 文学部児童教育学科は、子どもに関わる社会的・教育的背景を広く学び、教育の理論と時代の変化に対応できるコミュニケーション能力や実践力を身に付け、幅広い教養と専門性を持って、社会に貢献できる職能人としての教育者・保育者の育成を目的としていることから、小学校教諭一種免許状及び幼稚園教諭一種免許状が取得出来る教育課程を編成している。
 小学校教員養成の教育課程は児童教育学専攻において、教育職員免許法施行規則に定める内容を踏まえつつ、科目を①「教師論」「教育原理」など児童教育の基礎理論に関する科目群、②各教科など児童教育の理論と内容に関する科目群、③教科教育法など実践を支える科目群、④教育実習など実地教育に関わる科目群、⑤初等英語教育を支える科目群に編成し、4年間の学びを系統的に配置している。
 幼稚園教員養成の課程は児童教育学専攻と幼児保育学専攻の2つの専攻において、それぞれの専攻の特質に基づいた教育課程を編成しているが、いずれにおいても教育職員免許法施行規則に定める内容を基盤としている。「教師論」等の教職の意義等に関する科目、「発達障害論」「教育法規」等の教育の基礎理論に関する科目、「教育の方法と技術」等の教育課程及び指導法に関する科目、「教育相談」等の生徒指導教育相談及び進路指導等に関する科目、並びに「教育(保育・教職)実践演習」「教育実習」は、相互に有機的に関連を持って配置し、実践力の養成に繋げている。又小学校教員養成においても幼稚園教員養成においても、ボランティアに関する科目(「社会活動実習」「地域実践実習」)を設置し、主体性・自発性の育成と豊かな実地体験を促し、専門性とともに実践力に繋がる人間力を育成している。

3.教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目

(1)教員の養成に係る組織及び教員の数

名古屋女子大学大学院

【生活学研究科】
生活学研究科(教職課程に係る教員組織・教科に関する科目)
生活環境専攻(修士課程) 食物栄養学専攻(修士課程)
中学校教諭専修免許状(家庭)
高等学校教諭専修免許状(家庭)
高等学校教諭専修免許状(家庭)
専任教員数4人(必要専任教員数4人) 専任教員数4人(必要専任教員数4人)
教員名及び担当授業科目
①白井靖敏【生活環境情報研究】
②間瀬清美【被服管理研究】
③青柳由佳【住生活環境史研究】
④小出あつみ【調理学研究】
①富士栄登美子【家政学原論研究】
②堀江信之【応用栄養学研究】
③磯部健一【臨床栄養管理学研究】
④山中なつみ【調理科学研究】

名古屋女子大学

【家政学部】
家政学部(教職課程に係る教員組織・教科に関する科目)
食物栄養学科 生活環境学科 家政経済学科
高等学校教諭一種免許状(家庭)
※栄養教諭一種免許状は専任教員の配置なし
中学校教諭一種免許状(家庭)
高等学校教諭一種免許状(家庭)
中学校教諭一種免許状(家庭)
高等学校教諭一種免許状(家庭)
専任教員数5人
(必要専任教員数4人)
専任教員数5人
(必要専任教員数4人)
専任教員数4人
(必要専任教員数4人)
教員名及び担当授業科目
①山澤和子【食品学1、食品機能論】
②松尾亜希子【食品学2(食品加工学を含む)】
③辻 美智子【調理科学実験】
④山中なつみ【基礎栄養学】
⑤田辺賢一【ライフステージ栄養学1】
①小町谷寿子【被服構成実習1、衣生活論、被服構成実習2】
②今井邦雄【食品学総論】
③小出あつみ【調理学実習2】
④北原玲子【住居学(製図を含む)】
⑤青柳由佳【住生活論】
①富士栄登美子【家族関係学】
②間瀬清美【被服科学】
③三宅元子【家庭経済学】
④間宮貴代子【調理学】
家政学部(教職課程に係る教員組織・教職に関する科目)
食物栄養学科・生活環境学科・家政経済学科
中学校教諭一種免許状(家庭)
高等学校教諭一種免許状(家庭)
栄養教諭一種免許状
専任教員数2人(必要専任教員数2人)
教員名及び担当授業科目
①白井靖敏【教育の方法と技術、教職実践演習(中・高)、教育実習1、
      教育実習2、教育実習指導】
②安井 健【教育原理、教師論、教育制度論、教職実践演習(中・高)】
【文学部】
文学部(教職課程に係る教員組織・教科に関する科目)
児童教育学科児童教育学専攻 児童教育学科幼児保育学専攻
幼稚園教諭一種免許状 小学校教諭一種免許状 幼稚園教諭一種免許状
専任教員数5人
(必要専任教員数5人)
専任教員数7人
(必要専任教員数7人)
専任教員数6人
(必要専任教員数6人)
教員名及び担当授業科目
①辻 和良【国語学】
②山本 忠【算数概論】
③小椋郁夫【生活】
④坪井眞里子【音楽演習T】
⑤眞崎雅子【体育】
①辻 和良【国語学】
②宮原 悟【政治経済】
③山本 忠【算数概論】
④吉川直志【自然科学概論】
⑤小椋郁夫【生活】
⑥坪井眞里子【音楽演習I】
⑦眞崎雅子【体育】
①竹尾利夫【国語学】
②高橋哲也【生活】
③伊藤充子【音楽演習】
④大森雅代【音楽演習】
⑤堀祥子【基礎造形】
⑥豊永洵子【体育】
文学部(教職課程に係る教員組織・教職に関する科目)
児童教育学科児童教育学専攻 児童教育学科幼児保育学専攻
幼稚園教諭一種免許状 小学校教諭一種免許状 幼稚園教諭一種免許状
専任教員数6人
(必要専任教員数5人)
専任教員数6人
(必要専任教員数5人)
専任教員数6人
(必要専任教員数6人)
教員名及び担当授業科目
①桝川 知【教職入門、教師論】
②佐々木基裕【教育原理】
③長屋佐和子【教育心理学】
④堀 由里(教育心理学)
⑤野内友規【教育相談(カウンセリングを含む)、発達障害論】
E渋谷寿【幼児の造形(指導法)】
①桝川 知【教職入門、教師論、教育臨床の実際(生徒指導及び進路指導を含む)】
②佐々木基裕【教育原理】
③長屋佐和子【教育心理学】
④堀 由里(教育心理学)
⑤野内友規【教育相談(カウンセリングを含む)、発達障害論】
E稲木真司【音楽科教育法】
①杉原央樹【教師論、保育・教職実践演習(幼稚園)】
②荒川志津代【幼児教育心理学】
③榊原剛【発達障害論、障害児保育】
④吉田文【保育内容演習(表現)I】
⑤村田あゆみ【保育内容演習(言葉)】
⑥吉村智恵子【子ども理解の方法】

(2)各教員が有する学位及び業績

(3)各教員が担当する授業科目

4.教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画

【生活学研究科及び家政学部、文学部】

教員の養成に係る授業科目(大学院家政学部文学部

授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画

5.卒業者の教員免許状の取得の状況

名古屋女子大学大学院

【生活学研究科】
<平成27年度修了生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
専修 専修
生活環境専攻 - - - -
食物栄養学専攻 - - - -
<平成26年度修了生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
専修 専修
生活環境専攻 2 0 0 0
食物栄養学専攻 - - - -
<平成25年度修了生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
専修 専修
生活環境専攻 - - - -
食物栄養学専攻 - - - -
<平成24年度修了生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
専修 専修
生活環境専攻 - - - -
食物栄養学専攻 1 - - -
<平成23年度修了生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
専修 専修
生活環境専攻 2 1 1 1
食物栄養学専攻 4 - - -

名古屋女子大学

【家政学部】
<平成27年度卒業生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
栄養教諭
免許状
一種 一種 一種
食物栄養学科 162 14 - 2 14
生活環境学科 76 17 17 17 -
家政経済学科 78 22 21 22 -
<平成26年度卒業生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
栄養教諭
免許状
一種 一種 一種
食物栄養学科 179 28 - 3 28
生活環境学科 104 13 12 11 -
家政経済学科 76 17 15 17 -
<平成25年度卒業生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
栄養教諭
免許状
一種 一種 一種
食物栄養学科 82 18 - 6 14
生活環境学科 107 17 16 17 -
家政経済学科 88 20 18 20 -
<平成24年度卒業生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
栄養教諭
免許状
一種 一種 一種
食物栄養学科 88 17 - 4 15
生活環境学科 67 8 5 8 -
家政経済学科 66 8 6 7 -
<平成23年度卒業生>
学部・研究科等名 卒業者の数 免許状
取得者実数
中学校
免許状
高等学校
免許状
栄養教諭
免許状
一種 一種 一種
食物栄養学科 86 9 - 3 6
生活環境学科 122 23 17 23 -
家政経済学科 37 6 5 12 -

【文学部】
<平成27年度卒業生>
学科・専攻名 卒業者の数 免許状
取得者
実数
幼稚園
免許状
小学校
免許状
中学校
免許状
(英語)
高等学校
免許状
(英語)
一種 一種 一種 一種
国際英語学科 40 5 - - 5 5
児童教育学科
児童教育学専攻
83 83 77 82 - -
児童教育学科
幼児保育学専攻
143 141 141 - - -
<平成26年度卒業生>
学科・専攻名 卒業者の数 免許状
取得者
実数
幼稚園
免許状
小学校
免許状
中学校
免許状
(英語)
高等学校
免許状
(英語)
一種 一種 一種 一種
国際英語学科 46 14 - - 14 14
児童教育学科
児童教育学専攻
112 110 107 105 - -
児童教育学科
幼児保育学専攻
130 128 128 - - -
<平成25年度卒業生>
学科・専攻名 卒業者の数 免許状
取得者
実数
幼稚園
免許状
小学校
免許状
中学校
免許状
(英語)
高等学校
免許状
(英語)
一種 一種 一種 一種
国際英語学科 60 14 - - 14 14
児童教育学科
児童教育学専攻
112 110 106 108 - -
児童教育学科
幼児保育学専攻
82 82 82 - - -
<平成24年度卒業生>
学科・専攻名 卒業者の数 免許状
取得者
実数
幼稚園
免許状
小学校
免許状
中学校
免許状
(英語)
高等学校
免許状
(英語)
一種 一種 一種 一種
国際英語学科 55 11 - - 11 11
児童教育学科
児童教育学専攻
86 83 79 81 - -
児童教育学科
幼児保育学専攻
100 97 97 - - -
<平成23年度卒業生>
学科・専攻名 卒業者の数 免許状
取得者
実数
幼稚園
免許状
小学校
免許状
中学校
免許状
(英語)
中学校
免許状
(国語)
高等学校
免許状
(英語)
高等学校
免許状
(国語)
一種 一種 一種 一種 一種 一種
国際言語学科 52 8 - - 7 1 7 1
児童教育学科
児童教育学専攻
85 83 78 79 - - - -
児童教育学科
幼児保育学専攻
88 86 86 - - - - -

6.卒業者の教員への就職状況

名古屋女子大学大学院

【生活学研究科】
<平成27年度修了生(平成28年6月1日時点)>
学部・研究科等名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他
生活学研究科
生活環境専攻
                                               
                                               
生活学研究科
食物栄養学専攻
                                               
                                               
<平成26年度修了生(平成27年6月1日時点)>
学部・研究科等名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他
生活学研究科
生活環境専攻
                                               
                                               
生活学研究科
食物栄養学専攻
                                               
                                               
<平成25年度修了生(平成26年6月1日時点)>
学部・研究科等名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他
生活学研究科
生活環境専攻
                                               
                                               
生活学研究科
食物栄養学専攻
                                               
                                               
<平成24年度修了生(平成25年6月1日時点)>
学部・研究科等名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他
生活学研究科
生活環境専攻
                                               
                                               
生活学研究科
食物栄養学専攻
                                               
                                               
<平成23年度修了生(平成24年6月1日時点)>
学部・研究科等名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他
生活学研究科
生活環境専攻
                                               
                                               
生活学研究科
食物栄養学専攻
                                               
                                               

※「正」国公私立学校に正規に教員として採用された者(期限を定めない常勤採用)
 「他」それ以外で育児休業,病休,産休教員の代替教員,
 その他期限付きの教員として採用された者(臨時的任用,期限付き任用及び非常勤講師)

名古屋女子大学

【家政学部】
<平成27年度卒業生(平成28年6月1日時点)>
学部・研究科名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭 栄養教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他 小学校 中学校 その他
食物栄養学科                                                   1     1        
        1                                         1              
生活環境学科                                                                  
  1 1   2 1                                                      
家政経済学科                                                                  
        2 2                                                      
<平成26年度卒業生(平成27年6月1日時点)>
学部・研究科名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭 栄養教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他 小学校 中学校 その他
食物栄養学科                                                   1     3        
                                                                 
生活環境学科         1                                                        
  2     2                                                        
家政経済学科                                                                  
        1                                                        
<平成25年度卒業生(平成26年6月1日時点)>
学部・研究科名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭 栄養教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他 小学校 中学校 その他
食物栄養学科                                                   2              
                                                                 
生活環境学科                                                                  
        1                                                        
家政経済学科   2                                                              
  3                       1                                      
<平成24年度卒業生(平成25年6月1日時点)>
学部・研究科名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭 栄養教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他 小学校 中学校 その他
食物栄養学科                                                                  
        1 2                                                      
生活環境学科                                                                  
    1                                                            
家政経済学科   1                                                              
  2                                                              
<平成23年度卒業生(平成24年6月1日時点)>
学部・研究科名



中学校 高等学校 特別支援学校 養護教諭 栄養教諭
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校 小学校 中学校 その他 小学校 中学校 その他
食物栄養学科         1                                                        
                                                                 
生活環境学科         1                                                        
  6       2                                                      
生活福祉学科   1       1                                                      
        1                                                        

※「正」国公私立学校に正規に教員として採用された者(期限を定めない常勤採用)
 「他」それ以外で育児休業,病休,産休教員の代替教員,
    その他期限付きの教員として採用された者(臨時的任用,期限付き任用及び非常勤講師)

【文学部】
<平成27年度卒業生(平成28年6月1日時点)>
学部・研究科名



幼稚園 小学校 中学校 高等学校 特別支援学校
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校
文学部国際英語学科                                          
                                         
文学部児童教育学科
児童教育学専攻
    4   35                                
        20                                
文学部児童教育学科
幼児保育学専攻
  10 35                                    
  1 1                                    
<平成26年度卒業生(平成27年6月1日時点)>
学部・研究科名



幼稚園 小学校 中学校 高等学校 特別支援学校
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校
文学部国際英語学科                                          
                                         
文学部児童教育学科
児童教育学専攻
    18   40                                
  3     40                                
文学部児童教育学科
幼児保育学専攻
    30                                    
                                         
<平成25年度卒業生(平成26年6月1日時点)>
学部・研究科名



幼稚園 小学校 中学校 高等学校 特別支援学校
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校
文学部国際英語学科               1                          
              2                          
文学部児童教育学科
児童教育学専攻
    16   36                                
  4     37                                
文学部児童教育学科
幼児保育学専攻
    13                                    
                                         
<平成24年度卒業生(平成25年6月1日時点)>
学部・研究科名



幼稚園 小学校 中学校 高等学校 特別支援学校
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校
文学部国際英語学科                                          
              1 1     1                  
文学部児童教育学科
児童教育学専攻
    2   43                                
  2     23                                
文学部児童教育学科
幼児保育学専攻
  4 13                                    
  2 1                                    
<平成23年度卒業生(平成24年6月1日時点)>
学部・研究科名



幼稚園 小学校 中学校 高等学校 特別支援学校
旧盲学校 旧聾学校 旧養護学校
文学部国際言語学科                       1                  
              1       1                  
文学部児童教育学科
児童教育学専攻
    12   36                                
        18                                
文学部児童教育学科
幼児保育学専攻
  5 14                                    
  1                                      

※「正」国公私立学校に正規に教員として採用された者(期限を定めない常勤採用)
 「他」それ以外で育児休業,病休,産休教員の代替教員,
 その他期限付きの教員として採用された者(臨時的任用,期限付き任用及び非常勤講師)

7.教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組

名古屋女子大学大学院

【生活学研究科】

 大学院生活を充実させ、研究・教育に支障のない範囲で、非常勤講師・TA等により現場での実践能力を高め、さらにその経験や結果を授業に反映して、さらなる能力向上に努めている。

名古屋女子大学

【家政学部】

 学部代表の教職指導教員を置き、各学科の教職指導担当教員とで教員の養成に係る教育の質向上を計っている。具体的には、入学後、教職を目指す学生には、新入生オリエンテーションなどでの初年次ガイダンス、3年次には、体験や実習に関する手引きなどの冊子を配布し、介護等体験や教育実習に関わるガイダンスを実施することによりモチベーションの維持・強化を図るとともに、体験や実習終了後には報告会を開催する他、体験文集も配布し下級生等の意識向上も図っている。同時に、現職の家庭科教員や教育委員会の指導主事などを招いての指導体制も組んでいる。また、継続的な指導のため、教職に関する指導資料「教職2017」など、年度ごとに改訂し学生に配布している。

【文学部】

 文学部では教育実習等の実践的科目の教育効果向上と円滑な運営のために、実習指導者と指導体制サポ−ト教員とで実習指導連絡調整の会を設置し、教職指導の質的向上を図っている。初年次ガイダンスから教職に対する意識を涵養し、2年次から3年次(一部4年次も)における教育実習では体験や実習に関する手引き等を配布し、事後には報告集「教職2017−教職を目指す学生のために」(文学部)を作成するなど、学生の動機付けを高めることと学習成果の可視化に努めている。また下級学年と上級学年による情報交換の会や、教員となっている卒業生による講演会、学科の特色化事業としての教職支援セミナー(ひまわりセミナー)などを開催し、学生の教育実践力と人間性の向上に努めている。

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.