教育方針・保育目標

本園の教育方針

のびやかに、まっすぐに自ら育つ芽を大きく伸ばします

自然とのふれあい

自然に触れ、自然に学ぶ

自然で学ぶ子供たち

子どもたちが自然の中でのびやかに過ごし、たくさんの不思議と出会い、発見し、自分で考えること、創造することの歓びを味わえるように。本幼稚園では、遊び道具として野草を生かした園庭づくりや、相生山緑地オアシスの森散策など、素朴な自然を保育に活用し、生命を大切にする心や豊かな感性を育んでいます。

異年齢との交流

心の土台を築く、異年齢との交流

年齢の違う子供たち

年齢の異なる子がともに活動する。そんな異年齢の交流も、本幼稚園が積極的に推し進めている保育方針の一つです。スクールバスでの登降園時をはじめ、給食時は年長の子どもが年少の子どもの配膳を手伝ったり、一緒に遊んだりすることを通して、互いに違いを感じながら、人を思いやる心や自律心を培っています。

実体験の積み重ね

実体験でしか、得られないことの大切さ

子どもたちは遊びを通して、失敗を経験し、その経験を重ねながら自然や社会のルールを身につけていきます。本幼稚園では、そんな自ら学び、心身の発達を促していけるよう、「自分で体験する」「自分の五感で知る」保育を実践。安全性に十分配慮しながら、伸びざかりの好奇心をサポートしています。

TOPICS

心にしみこむ、本物との出会いを尊重

本幼稚園では、観劇や童謡コンサートなど、プロによる行事を積極的に推進。またスイミングスクールでの水泳指導(年長組)や、『和久メソッド』という積み木を活用した創造共育を導入するなど、外部エキスパートによる本格的な指導を取り入れています。

遊ぶ子供たち1

遊ぶ子供たち2

和久メソッド創造共育法
「わくわく創造アトリエ覚王山プレイルーム」の様子

本園の保育目標

個性を大切に心豊かでたくましく。園児の健やかな成長を保育の目標としています

  • 健康でたくましい子ども
  • 辛抱強い子ども
  • よく考える子ども
  • 明るく親切な子ども
  • 安全性を身につけのびのび活動する子ども
教育方針
教育方針
保育目標

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 子育て相談会
  • スクールバス

名古屋女子大学付属幼稚園 〒468-0031 名古屋市天白区高宮町401-2 TEL:052-802-1231