名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

生活研究学科 食物栄養学専攻(博士課程)

専攻の概要と特徴

「食と健康」に関する高度な専門性と研究開発能力を有し、教育や医療・福祉・保健における食物栄養学分野の指導者として活躍できる人材の育成を目的とする。

論文指導教員

教員氏名 主要研究分野 研究テーマ
磯部 健一 教授
医学博士
「生体防御学」 私たちの組織は感染を始めとする様々なストレスで傷害を受けても、免疫系を始めとする生体防御システムが働き、組織は自己再生する。それを支える栄養と代謝の研究を行う。
今井 邦雄 教授
農学博士
「食物素材
 機能学」
食品素材に含まれる機能性成分について天然物有機化学的視点から研究する。
片山 直美 教授
博士(医学)
「給食経営管理
 学」「臨床栄
 養調理学」
味覚・嗅覚検査、血糖値検査、体組成測定、活動量測定、重心動揺検査、運動指導などを行い、総合的な食と運動を用いた健康管理に関する研究を行う。主に、低GI食材を用いた低GL食献立作成による食材の機能を生かした薬膳料理でメタボリック、ロコモ、サルコベニア予防食を研究する。その際、遺伝子解析を用いた時間栄養学的栄養指導についても研究する。また、未来の火星移住を想定した宇宙食の研究を行い、究極の循環型閉鎖空間における食(アレルギー予防、抗酸化、抗放射線、腸内環境調整、水耕栽培農作物、薬膳食、昆虫食など)について研究する。
堀江 信之 教授
博士(理学)
「応用栄養学・
 分子生物学」
ビタミン代謝関連遺伝子、細胞増殖必須遺伝子の遺伝子の構造と機能を、生体内での栄養素の機能や疾病との関連性という立場から研究する。
山中 なつみ 教授
博士(学術)
「栄養学・調理
 学」 
調理に伴う食品の性状変化を多方面(成分、物性、構造)から調べ、栄養価、おいしさ、生理機能に及ぼす影響を明らかにすることを課題とし、身体状況に応じた食品の調理方法の提案をめざす。 

修士論文テーマ例

  • ● 高齢者介護施設における「栄養ケア・マネジメント」の推進に関する研究
  • ● 食細胞における抗体受容体機能領域のファインマッピング
  • ● 地域集団における食生活改善のための栄養教育方法に関する研究
  • ● 生活習慣病予防に資する栄養機能性成分の解明

科目担当教員

教員氏名 主要研究分野
富士栄 登美子 教授 「家政学原論」
教員氏名 主要研究分野
近藤 浩代 准教授
博士(人間・環境学)
「栄養学」

カリキュラム

生活学基礎科目
「被服環境研究」 「居住環境システム研究」
研究展開科目
「栄養学研究」 「食品材料学研究」
「食品安全学研究」 「栄養生理・生化学研究」
「応用栄養学研究」 「食物素材機能学研究」
「調理科学研究」 「公衆栄養学研究」
「給食経営管理学研究」 「食物栄養情報解析研究」
「栄養教育学研究」 「食物栄養学実験」
研究基礎科目
「食物栄養学理論研究」 「食物栄養学実践研究」
研究演習科目
「食物栄養学特別研究」 「食物栄養学課題研究」

取得可能な資格

高等学校教諭専修免許状(家庭)

予想される主な進路

  • 栄養士養成施設および管理栄養士養成施設の教員
  • 病院・老人福祉施設・保健センター・学校給食・
    健康保険組合等の各種団体
  • 高等学校家庭科教員
  • 調理師専門学校等各種学校の教員
  • 食品・健康産業の研究員
  • 行政
食物栄養学専攻 修士課程

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.