名古屋女子大学 名古屋女子大学短期大学部
ENGLISH
  • アクセス
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 高校生・受験生の方へ
  • 在学生の方へ
  • 在学生父母の方へ
  • 地域・一般の方へ
  • 企業・採用担当者の方へ
  • 同窓生の方へ
  • HOME
  • 総合案内
  • 学部学科・短期大学部・大学院・研究所
  • 学術情報センター
  • オープンカレッジ・公開講座

家政学部 食物栄養学科

先輩の4年間

student voice

川北 知穂 さん 家政学部 食物栄養学科 4年 三重県立川越高等学校出身

自分が考えた食事で、多くの人を健康にできる管理栄養士になりたいです。

食に興味があり、その知識が医療現場で生かせることを知り、管理栄養士に興味を持ちました。名古屋女子大学は歴史と実績がある点で高校の先生がすすめてくれました。実際に学んでみて、実験室・実習室には最新の機器が充実しており、授業は座学を行った上で実験・実習を行うので理解しやすいと感じました。また、グループ活動が多く、クラスの仲間と協力して学べる環境が魅力です。3年次の病院実習では、病院食を担当しました。病棟もまわらせていただき、チーム医療の現場を体感。病院で働く管理栄養士は、疾病の知識もあった方がよいと感じました。患者のことを深く考えられる管理栄養士をめざします。

川北 知穂 さん

1年次
食品の機能など食に関する基礎を学ぶ。
必修科目である「食品学」「調理学」など、管理栄養士になる上で必要な基礎知識を学びました。普段口にしている食材の意外な機能なども学び、何が身体に良いのか、気にして食べるようになりました。
2年次
ライフステージごとに必要な栄養を学ぶ。
幼児期から高齢期まで、栄養の必要量を学びました。また、管理栄養士が使っている「栄養くん」というソフトを使って、献立の栄養計算をしました。
3年次
管理栄養士の仕事を実習を通して体験。
ライフステージにあわせて食事を作成する栄養学実習や学生同士で栄養指導を行うヘルスカウンセリング演習など、実践的な学びが増えました。給食経営管理実習では集団調理を体験。どれも臨地実習で役立ちました。
4年次
国家資格の取得と病院への就職をめざす。
臨地実習先の病院で、様々な職種の方が患者一人ひとりのことを考えて一丸となっている姿を見て、私もその一員になりたいと感じました。保健所での実習に取り組みつつ、国家試験の勉強にも力を入れていきたいです。

林 明日香 さん 家政学部 食物栄養学科 4年 岐阜県立恵那高等学校出身

管理栄養士として多くの人の健康を食から支えたい。

高校時代、夏休みの看護体験で病院の管理栄養士の仕事ぶりに触れ、憧れるようになりました。名古屋女子大学は管理栄養士国家試験の合格率が非常に高いことで有名で、実験や実習が多く、学びの理解度を体感的に深めていけることに魅力を感じ、入学を決めました。4年間の学びを通して特に印象に残っているのは、グループでテーマを決めて取り組む栄養教育の実習です。私たちは小さな子どもを持つ保護者を対象に、離乳期の栄養指導のための冊子を作成しました。この経験を生かした後に保健センターでの臨地実習にのぞんだことで、現場の管理栄養士の役割を、より正確に把握できたと思います。

林 明日香 さん

1年次
食と栄養の基礎知識を確実に身につける。
必修科目の「食品学」「調理学」「基礎栄養学」など、食の分野の基礎知識を身につけました。また「調理学実習」では和・洋・中の料理に取り組み、調理の基本や食材についても本格的に学びました。
2年次
学びを掘り下げ、専門性を深める。
1年次に学んだことを広げ、臨床と結びつけていきます。「臨床栄養学」や「食事・栄養療法」などの授業で疾患と栄養の関係を学んだほか、「解剖生理学実験」では医療現場で必要な基礎知識を身につけました。
3年次
管理栄養士の実務を学内外の実習で体験。
実際に献立を作成する機会が多いのが、3年次の学びの特徴。前期の「臨床栄養学実習」では、糖尿病患者向けの献立作成に取り組みました。後期には保健センターの臨地実習で現場の栄養指導を学びました。
4年次
就職活動にのぞみながら国家試験対策も本格化。
めざすのは、食を通して多くの人に幸せな時間を提供できる管理栄養士です。卒業後は病院か保健所に勤務し、さまざまなバックボーンを持つ人たちのサポートをしたいと考えています。

OG voice

管理栄養士 安城更生病院 家政学部 食物栄養学科 2017年3月卒業 愛知県立豊田南高等学校出身 市川 祐理江 さん

もっと食に興味を持って欲しい、
栄養士海外研修で気持ちが高まりました。

2年生で参加した栄養士海外研修で、肥満などが多いアメリカでは栄養士が必要とされており、日本と比べて地位が高いと感じました。栄養士の方も日々勉強をされている姿が印象的で、食事の面から人々の健康を守り、疾病などを予防できる管理栄養士の仕事にますます興味を持ちました。内定先は実習病院で、患者の栄養管理を行うNTPというチームがあり、糖尿病教室を週1回実施するなど、健康指導に力を入れているところが魅力でした。大学で学んだ知識だけでなく、これからもさらに勉強を続けることで、栄養指導など患者と積極的に関わっていきたいと思います。

管理栄養士 富山県厚生農業協同組合連合会 家政学部 食物栄養学科 2017年3月卒業 富山県立氷見高等学校出身 川辺 菜々美さん

大学で身につけた専門知識を
医療現場で発揮したい。

多くの人の健康を食の面から支える病院の管理栄養士をめざし、国家試験の合格率が高い名古屋女子大学を選択しました。臨床栄養学に関する授業で病気の症状と食事の摂取法の関係性を調べたり、解剖生理学を学ぶゼミで咀嚼とストレスの関係を研究するなど、4年間を通して、実際に栄養指導などに発揮できる知識が身につく学びを深めていきました。また就職試験や国家試験対策も、教科やゼミの先生方のサポートのおかげで順調に進められ、志望通り医療機関に就職することができました。医療現場の管理栄養士として、これからの医療を支える一員になりたいと思います。

一般職 太陽化学株式会社 家政学部 食物栄養学科 2017年3月卒業 三重県立四日市南高等学校出身 谷 知美さん

食を通じて人を笑顔にしたい。
新しい製品の開発に携わりたいです。

管理栄養士の資格が生かせる職に就きたいと考えていました。栄養教諭一種免許状も取得していましたが、ゼミで機能性食品の実験をするのが楽しく、開発に興味があったので食品企業を第一志望としていました。内定先は、カップ麺の卵や乳化剤、サプリメントなどを開発している会社で、地元でも有名な企業。説明会でお会いした社員の方が生き生きと仕事をされており、自分が日頃よく目にする商品の開発に携わることができる点に魅力を感じました。就職活動中は、常に笑顔で話すことを心がけ、キャリア支援オフィスでは何度も履歴書をチェックしていただきました。大学で学んだ食の大切さや食が人に及ぼす影響をふまえ、食品開発の現場で活躍していきたいです。

ページトップへ

  • 汐路学舎 〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 TEL:052-852-1111
Copyright © Nagoya Women's University. All rights reserved.